カートをみる ポイント会員登録 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

うこっけいは、どんな鳥

■烏骨鶏(うこっけい)■           生産者様訪問レポートへ

烏骨鶏は、中国が原産地と言われています。

うこっけいは、栄養価が非常に高く、卵、肉、血、骨と、古来中国では、王侯貴族の薬膳とされ、特に重宝されていたようです。

一羽が、年間で約40個しか卵を産みません。

現在でも中国では、うこっけいを利用した製品が多数あるようで、日本でも徐々にうこっけい製品が広がってきています。

烏骨鶏は、白色系と黒色系の2タイプがあり英名では、ホワイトシルキー・ブラックシルキーと呼ばれています。

うこっけいの名前の由来「骨がカラスのように真っ黒な鶏」の通りどうやら秘密はその黒さにあるようです。

文字を変換するときに、「烏滑稽」「鵜滑稽」「鵜コッケイ」は正しくはありません。「烏骨鶏」が正しいです。

また、読み方で「うこっちょう」ではなく、「うこっけい」「ウコツケイ」が正しい読み方です。

■純血種の烏骨鶏の条件■

烏骨鶏は、古来中国では「幻の食鳥」として万病に効くといわれ、

その卵は、1年間で40個程の卵しか生むことができません。

そのため、卵は非常に高価で貴重なものとなっています。

烏骨鶏が純血な「うこっけい」として扱われるためにはいくつかの条件があります。

「桑実冠」「毛球頭」「緑耳」「顎髭」「糸毛」「五趾」「脚毛」「黒皮膚」「黒肉」「黒骨」

これら全てを満たして純血な烏骨鶏です。

ひとつでもこの特徴を満たしていないと、「純血な烏骨鶏」とは言われないようです。

◎私の実体験での純血種の見分け方。

其の1 にわとり特有の「赤いとさか」がありません。まるでロックのヘビメタのように「毛が逆立」っています。

其の2 「顔の頬に青の肌」が必ずあります。これがとても綺麗です。

其の3 たまごが、「こぶり」です。例えるならSSぐらいです。

其の4 足首まで「毛」が生えています。

これがニワトリとの最大の違いです。残念な事にこれらを知らずに飼育されている方もいらっしゃいます。

■厳選 こだわりの烏骨鶏■

ウコッケイが、愛情を持って飼育されていないと、おいしい卵は産まれません。

当店の、烏骨鶏卵は、実際に飼育農家様を見学させて頂いています

○飼育された方の、情熱!!

○本物の「烏骨鶏」にこだわりがあること

○烏骨鶏が、元気であること

○周りの自然環境

○安全で清潔な飼育環境

○烏骨鶏に与えている「餌や水」にこだわりがあること


烏骨鶏プリン

陶器プリン 陶器プリン4個入り 陶器プリン6個入り

高級プリン 高級プリン6個入り 高級プリン8個入り

マンゴープリン マンゴープリン6個いり マンゴープリン8個いり

狭山茶プリン 狭山茶プリン烏骨鶏6個入り 狭山茶プリン烏骨鶏8個入り

チョコプリン」 チョコプリン、烏骨鶏6個入り チョコプリン、烏骨鶏8個入り

マドレーヌ」 マドレーヌ4個入り マドレーヌ8個入り


ご案内ご案内ご案内ご案内

産地直送の烏骨鶏卵

烏骨鶏卵

ご来店ありがとうございます。

烏骨鶏卵で作ったプリンと、普通の鶏卵で同じ配合でプリンを作った場合

烏骨鶏卵の方が、甘みが強く、コクがあります。

当店で使用している烏骨鶏卵は、特にそのおいしさは全く違います。

そのおいしさの秘密とは・・・・・


烏骨鶏(うこっけい)の卵て、どういう卵?■

うこっけいは、全身が宝と言ってもいいほどの栄養価値があります。

それは、普通のにわとりであれば、毎日のようにたまごを産みますが、

烏骨鶏は、一羽が年間に約40個しか産まない為、「神秘の鳥」と言われ珍重され、大きさは、Sサイズぐらいでこぶりです。

その卵には、栄養がギュッと凝縮されています。

古来中国王朝では、肉、骨、卵と、珍重され薬膳料理として食べられていました。

■当店は、純血種が産んだ「うこっけいの卵」を使っています。■

洋菓子店で、卵は大変重要な材料で、こだわっているお店が沢山あります。

私も、いろいろな卵を試していますが、その中でうこっけい卵は、格別の違いが有ります。

ここで問題なのが、うこっけいの最大の欠点である、毎日産まない事です。

しかし、当然ですが烏骨鶏は生きていますので、毎日餌を食べます。

飼育農家の方は、採算が合わないので、てごろな餌を、食べさる方もいらっしゃいます。

えさには、研究と経験を重ねて、大変こだわっています。

また、ニワトリと掛け合わせ、毎日産むようにしている方もいらっしゃいます。純血とはいいません。

当店は、純血種が産んだ貴重な卵を使用しています。

■プリンに香料を使わない理由■

「たまごが、臭くありません」それは、

「EM菌利用の飼料。」

有用微生物郡の英語名で、ヨーグルトのような、善玉菌を増やす働きがあり

これを、独自の餌に混ぜ一晩発酵させて与えています。これを与えると、烏骨鶏の体内環境が良くなり、糞は臭くありません。

それで、うこっけい卵のおいしさを味わっていただく為に、香料はいれていません。

■たまごはどんな味なの?■

その味は黄身の甘みが強く、凝縮された濃い味です。            

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
余談です。 この話をすると皆さん驚きます。
卵の黄身の色は変えられます。黒、青もできます。餌しだいです。
たとえば、夏の暑い時、やはりニワトリも水を多く飲みます。 すると、黄身の色は薄くなるので、とうもろこしを食べさせますと、黄色が濃くなります。
蟹や海老の甲、パブリカを食べさせますと、赤色が濃くなります。 この原理で色が変えられます。
20年前ぐらいの、NHKのテレビ番組で、青と黒の卵作りの実験をしていましたので本当のことです。
黄身が赤いからと言って新鮮ではありせん。

烏骨鶏プリン

陶器プリン 陶器プリン4個入り 陶器プリン6個入り

高級プリン 高級プリン6個入り 高級プリン8個入り

マンゴープリン マンゴープリン6個いり マンゴープリン8個いり

狭山茶プリン 狭山茶プリン烏骨鶏6個入り 狭山茶プリン烏骨鶏8個入り

チョコプリン」 チョコプリン、烏骨鶏6個入り チョコプリン、烏骨鶏8個入り

マドレーヌ」 マドレーヌ4個入り マドレーヌ8個入り


ご案内ご案内ご案内ご案内

生産者様訪問レポート

             養鶏業として約50年の経験を生かしづつ、烏骨鶏を絶えず研究し飼育されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q すばらしい環境ですね。

A この土地は、海も山もあり、朝は海風、夕方から山風と気候が温暖で、夏夜でもクーラーはいらず、冬は雪も積もりません。

烏骨鶏を飼育するには、最高の土地と言われています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q ウワ〜 たくさんいますね〜。全部純血種の烏骨鶏ですね。現在何羽ぐらいいて、一日何個ぐらい産むのですか?

A オス、メスあわせて約5,000羽います。しかし、産む数は少なく、実際に販売できる卵は400個程度です

おかげさまで、全国からご注文頂いていますので、これぐらいの飼育数がいませんと、対応が出来ません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q なぜ、放し飼いでなく、ケージ飼いなのですか?

A  それは、烏骨鶏の為なんですよ。まず、放し飼いでは、全部の烏骨鶏の健康が把握できません。

それと、産みたての卵が、回収できない場合があります。もし、古い卵を回収出荷したら、大変な事になります。

その点、ケージ飼いは、地面から高くして、一ケージに6羽、余裕のある空間にして、動き回れますし、糞は地面に落ちて、掃除もしやすく、

衛生的で体も汚れず、健康に目が行き届きます。とうぜん、卵の取り忘れは、絶対ありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q 人でも食べるものには、注意していますが、餌にはどのように、気を使われていますか?

A EM菌利用の飼料。有用微生物郡の英語名で、ヨーグルトのような、善玉菌を増やす働きがあり

これを、独自の餌に混ぜ一晩発酵させて与えています。これを与えると、烏骨鶏の体内環境が良くなり、糞は臭くありません。

*私が、実際に手にとって、臭いをかいで見ましたが、漬物のような臭いで、たしかに、飼育小屋は、くさい臭いではありませんでした。

飲む水にもこだわっています。人間でも大事ですよね。

地下40mからくみ上げた、地下水・井戸水です。幾重にもろ過されたその味は、水道水の比ではありません。

その水を、といに流して飲んでいます。

*私も飲みましたが、確かに冷たくて、切れがあっておいしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q たまごへのこだわりは、どのようにありますか?

A サルモネラの検査を必ずしています。月に一回、必ず実施いています。

それと、無洗卵です。

卵の鮮度を保つ為、水では洗わず一個一個手作業で軽く丁寧に汚れを拭き取っています。

何故かと言うと、卵の表面にある「クチクラ層」を失わないようにするためです。

これは、微生物が卵殻を通って進入するのを防ぐバリアの役割があります。

特に烏骨鶏のたまごの場合、鉄分やビタミンA、DHA、EPAが多く含まれています。

少しでも鮮度の良い烏骨鶏の卵を提供するためのこだわりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q 跡継ぎでもいらっしゃる、営業部長さんにお伺いいたします。これから、どのような取り組みをされますか?

A いま、皆さんが健康について大変興味がある時代です。

そのために、お役に立てるよういろいろな研究、実験をしています。まだまだ、やることがたくさんあります。!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に私の感想ですが、

5、000羽の純血種の烏骨鶏が、とてもきれいに飼育されていて、特有の臭いも無く、

ものすごく研究し飼育されているのが、はっきり分かりました。

サルモネラの検査もされており、その安全性は、確信がもてました。

そして、お二人の烏骨鶏に対する愛情には、とても頭が下がり、

ひとつの卵を大切に扱わなければいけないな、と、痛感いたしました。

お忙しい中、インタビューありがとうございました。


烏骨鶏プリン

陶器プリン 陶器プリン4個入り 陶器プリン6個入り

高級プリン 高級プリン6個入り 高級プリン8個入り

マンゴープリン マンゴープリン6個いり マンゴープリン8個いり

狭山茶プリン 狭山茶プリン烏骨鶏6個入り 狭山茶プリン烏骨鶏8個入り

チョコプリン」 チョコプリン、烏骨鶏6個入り チョコプリン、烏骨鶏8個入り

マドレーヌ」 マドレーヌ4個入り マドレーヌ8個入り


ご案内ご案内ご案内ご案内

烏骨鶏プリン誕生物語

第一部

2004年鳥インフルエンザの影響で鶏農家のある方から
さいたま市見沼区の農家さんに、烏骨鶏を引き取ってくれないかと
電話がありました。話を聞いてみると、買い手がなく処分される鳥骨鶏が可哀想なので,、
70羽ほど育てる事にしました。飼育経験がないため、空き地に柵をはり、放し飼いで、いろいろな人に飼い方や
餌の選定やり方などを教わり可愛がりました。そして、 卵が取れるようになると、販売のために
メルシーノグチに何かケーキができないかと相談が来たのです。
そこで私が考えました。

烏骨鶏卵のイメージとして思いつくのは、「味が濃そう」「健康に良い」などあると思いますが
ゆで卵にして食べてみたところ
味は、美味しさが詰まったような弾力があり、黄身の方が多く、甘みがあり、臭くありません。
市販の鶏卵との違いがはっきりとしています。ものすごく上等な卵だと分かります。
この「おいしい甘み」に引かれました。!!
そこで、これを生かしたプリンを作ろうと思い、試行錯誤を繰り返し・・・・
脇役の生クリーム選びには何種類も試して選び抜いています。
そして、経験を生かした配合バランス。作った試作品をたくさんのお客様の食べてもらい
「これが烏骨鶏の卵で作ったプリンだ」
と,、納得するような、美味しさを引き出し
食べたら(しあわせ)になってほしいという願いを込めて、
「烏骨鶏しあわせプリン」と、名づけました。

第二部

初めは、全く売れなかったのですが、2年ぐらいたって、
雑誌「アエラ」に掲載されてから徐々に売れはじめてきました。
そこで、問題が起きてきたのです。それは、
卵が間に合わなくなってしまったのです。夏場は、10個ぐらいしか産みません。
これでは、足りません。お客様から、「いつ届くのか?」「早くほしい」と、苦情が来てしまい、
そこで、知り合いを頼りに、烏骨鶏専門農家を紹介していただき
安定して卵が確保でき今日に至っています。

ページトップへ